何のために働くのか

ソープで働きたいと思っても、お店に連絡してすぐに働けるものではありません。
まずは面接を実施します。
面接ではやる気や、お店を選んだ理由を聞かれます。
嘘をついても仕方がないので、正直に話してください。
お金を稼ぐことが目的で、ソープ働く人が多いでしょう。
お店側も分かっているので、お金のためだと言っても不採用になることはありません。
また、これまで性行為をした経験があるかも尋ねられます。

出勤できる日数も聞かれるので、前もって考えておきましょう。
少ない日数だけ働くのも良いですが、1週間に1日だけや、1日1時間だけというように非常に短い時間帯を伝えると、お店側は採用を考えてしまいます。
少なくても、1週間に3日は働くようにしてください。
1週間で1日だけ働きたいと伝えると、お店側から日数を増やせないか尋ねられることがあります。
尋ねられたら、少ない日数では採用してもらえないと思ってください。

下着姿や裸になって、ボディーチェックをするお店が多いです。
その時は、タトゥーや手術の傷跡などが無いかチェックされます。
タトゥーや傷跡があっても働けないわけではありませんが、お客さんが抵抗を感じる場合があります。
ですから、先にお客さんに伝えるためにお店側が把握しなければいけません。
タトゥーや傷跡があっても、正直に伝えれば合否に関係しません。
むしろ隠して、採用されてから発覚するとトラブルが起こります。
正直に話すことを、意識しましょう。

ボディーチェックがあるお店

身体に傷などが無いか、チェックするお店が多いです。 下着姿になるのか、裸になるかはお店によって変わります。 最近は女性スタッフが、ボディーチェックをしてくれるソープも増えています。 女性にチェックしてもらいたいと考えているなら、説明をよく読んでから応募しましょう。

Copyright © ソープ嬢の面接ってどんなことをするの?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る